ベトナム中部ダナンから車で2時間弱の場所にあるフエ。
フエ出身の友人Leと回ってオススメの場所をご紹介

フエはベトナム最後の王朝がいたこともあり、たくさんの世界遺産があり日本の京都のように情緒あふれる町並みが特徴です。
フエの王宮・世界遺産巡りに行く際に気をつけたいのが服装
特に暑い時期に行く際は、ノースリーブ・ショーツを履く機会が多いと思うので羽織れるものを持っておく方がいいです。(注意書きの看板が一番右に)

まずはチケットの購入
チケット(左・一回券)、ベトナム国民向け共通券(中央)外国人観光客向け共通券の3種類あります。
もし2箇所以上回る予定なら共通チケットを購入した方がお得です。

3箇所【グエン王宮・ミンマン帝陵・カイディン帝陵】
大人420,000d 小人 80,000d(約2,000円/約380円)

4箇所【グエン王宮・ミンマン帝陵・カイディン帝陵・トゥドック帝陵】
大人530,000d 小人 100,000d(約2520円/約480円)

*チケットの有効期限は購入日から2日間
*2020年1月1日入場料値上げ済み記載

グエン王宮 / Đại Nội

まず初めに訪れたのが世界遺産に登録されている グエン朝王宮
約3.6平方メートルに及ぶ広大な敷地には
・午門 / Ngọ Môn
・太和殿 / Thái Hoà Điện
・右廡・左廡 / Hừu Vu ・ Tả Vu
・閲是堂 /  Duyệt Thị Đường
・太平樓 / Thái Bình Lâu
・世廟 / Thế Miếu
などを見ることができます。
これらを全て回って私たちは2時間半くらい滞在しました。

カイディン帝廟 / KhảiĐịnh

皇帝グエン朝12代皇帝カイディンが眠るお墓カイディン帝廟
派手好きな皇帝だったらしく、中国とフランスの影響を受けたきらびやかな帝廟は見る価値ありでした。
13代皇帝がいますが、フランスで亡くなった為このカイディン皇帝が最後だと言われているそうです。
グエン朝から約10㎞ほど離れた位置にあり、歩いていける場所ではないです。その為、ツアーに参加するか、タクシーの利用が必要ですが行く価値がある場所です。
バイクを運転できる方はバイクを借りてくるのもいいかもしれませんね。
たまに欧米系の観光客の方が1人でバイクを借りて行動している姿を見ました。

ミンマン帝陵 / Lăng Minh Mạng

フエ市街から15km程南方にある第二代ミンマン帝自らが設計したミンマン帝陵
フエ在住のLeのパパでさえ迷うほど少し複雑な場所にあるので、行かれるのであればツアーに参加し色々と回ることをお勧めします。ナビを利用しながら探しましたが迷いました。
ミンマン帝陵も広く、漢字も所々で見られ、中華の印象が強い雰囲気でした。
1945年までベトナム民主共和国の独立まで漢字を公式の表記文字として使われていた背景があるようです。

ティエンムー寺 / Chùa Thiên Mụ

フエで最も古く美しい寺院、ティエンムー寺
フエ市街からはほど近くGrabや、ドラゴンボートで行くことができます。
ツアーに組み込まれていることが多いようなので色々まとめて連れて行ってもらう方が楽ですね。
ティエンムーに向かう時は、全長約67kmにも及ぶフォーン川を左手に過ぎるのですがそちらもとても風情があって印象的でした。

タントアン市場 / cầu ngói thanh toàn

ここはフエ市内から約8キロ程離れた場所にあるタントアン市場
Leのママが市場へ買い物へ行くというので同行させてもらうことに。
スーパーマーケットは人が多く、新鮮じゃないからといつも市場に買い物に行くそうです。市場で買った食材や、家での様子はまた別の記事で書くので興味ある方は読んでくださいね。
欧米系の観光客もちらほらいましたが、アジア人観光客は少なかったので時間に余裕がありローカルの雰囲気を味わいたい方にはぜひオススメです。
一番右下に見えるタントアン瓦橋はローカルの方々がおしゃべりをしたり、寝っ転がったり、地元の方の憩いの場所として今もあるようです。
強度が強くない為、たくさんの人で一気に渡らないでくださいと注意書きがありました。観光客が多い証拠でしょうか…

テャンティエン橋 / Trang Tien Bridge

夜はライトアップされ、明石海峡大橋のように七色に光ります。
明石海峡大橋よりは少し派手ですが、変わりゆく色を見ていると自然と全色見たくて見入ってしまいました。橋周辺はローカルの人や、観光客が多く歩いていました。
前に、Leが甥っ子と橋の近くを歩いていたら着ぐるみが寄ってきて飴を差し伸べてきたそうでThank youと言って受け取ったらしいのですが後からお金を請求されたそうです。そりゃそうですよね。w