名護市役所→今帰仁城跡→長浜ビーチ→美ら海水族館→ひがし食堂→夕日リベンジ

2019/11/6 投稿 | 2020/5/12 追記

おはようございます!朝から快晴で見晴らしがよく気持ちがいいスタートです。

今日はまめ書房の金澤さんご夫妻にオススメして頂いた、ホテルから車で約15分の場所にある名護市役所建築の見学からスタートすることにしました。

名護市役所

こちらが1980年3月に着工され、1981年4月に竣工された名護市役所。

花ブロックで覆われた名護市役所。花ブロックの発祥はここ沖縄です。台風被害に弱い木造建築や、潮風で錆びれてしまう金属とは違い、シロアリにも負けないコンクリート建築が主流な沖縄ならではのもの。ブロックに花柄の穴を開けることで日差しを完全に遮るのではなく日差しを和らげることができ、風も通りやすく考えられています。デザイン性もあって機能性も考えられているなんて素敵ですね。

本当にかっこいい空間で市役所ではないみたいでした。天気が良かったので暑いのですが、影に入るととっても気持ちがいい風が吹いていてアサギテラスと言われる空間はとても開放的でした。

市役所は広く上に上がると名護市内が360度見ることができます。 以前はそれぞれ顔の違う56体のシーサーがいたそうですが、台風や、塩害の影響で撤去を余儀なくされたそうです。 名護市民の皆様、お邪魔しました 。

市役所に併設されている名護市役所庁舎売店があったので車に乗る前に少し覗いてみることにしたのですが、切手や、封筒など市役所で必要なものや、アイスクリームやちょっとしたお菓子が販売されていました。

その中に “きなこもち“という見たことがない、いかにも沖縄でしか食べられそうに無いものを発見したので早速購入。

すると、売店のお姉さんが、 「このアイスはいつでも食べられます。時間があるならここから5分くらいの所にあるひがし食堂さん “に行った方がいい。 ぜんざいがあって、とっても美味しいの。ぜんざいって温かいものをイメージするでしょ?沖縄のぜんざいは氷が入っていて冷たいの」と沖縄のイントネーションで言われちゃったら行くしかない。しかも、地元の方オススメ。こうやって地元の方に頂ける情報は本当に嬉しい。ありがとうございます。

早速ネットで調べてみると、、、美味しそう。営業時間(11時開店)まで1時間弱あったので帰りに寄ることにしました。

今帰仁城跡

 8時〜18時  〒905-0428 沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101  入場料:400円

次に向かった場所は名護市役所から車で30分のところにある今帰仁城跡(なきじんグスク)です。

無料の駐車場があり、お手洗いも比較的綺麗でした。入場料は400円で今帰仁城跡と今帰仁歴史文化センターへ入場可能です。

今帰仁城跡を登ると志慶真門郭がありそこからは海が見えとても綺麗です。綺麗な海は沖縄に着いて以降何度も見ていますがやっぱり見るたびに嬉しいですし、清々しい気持ちになります。

今帰仁歴史文化センターには、今帰仁の歴史と文化が紹介されてあり、城跡から発掘された陶磁器なども展示されているのですが、こういった歴史がある場所に行くと、やはりある程度の情報を知った上で訪れるべきだと思いました。次回はもう少し内容を把握した上で訪れます。

長浜ビーチ

今帰仁文化センターの所々で”ぬーん ねんしが 今帰仁村”と書かれたポスターを何度か拝見したのですが、そこに描かれていたビーチがめっちゃ綺麗だったのでぜひ生で見てみたい!と思いネットで調べて見るとそこは近くにある ”長浜ビーチ”でした。 早速向かうことへ!

ナビに住所を入れて近くまで行くと、すごい数の大型バスや車が… え?観光地? 車止めるところないー!Eddieに降りて様子を見に行ってもらったところ、何かのCM撮影の途中だったそうです。ビーチは意外に広かったので、ダメ元で反対方向に進んでみることに。

するとそこに現地の方がいて、確認を取ると大丈夫よと言ってくださったので車を停めて少し散歩させて頂くことに。

細い小道を進むと…

この美しすぎる海が目の前に広がってきました。

写真を見返すだけで、ため息が出るほど美しいです。

沖縄県国頭郡今帰仁村諸志725 付近

長浜ビーチと入力すれば行くことができると思います。

そろそろお腹が空いたのでひがし食堂さんに行きたいのですが、せっかくなのでここから近い美ら海水族館に少しだけ寄り道をして行くことにしました。(ちなみに、2019年12月4日(水)、5日(木)はメンテナンスの為、休館

沖縄美ら海水族館

 8時半〜18時半(10月〜2月)/ 8時半〜20時(3月〜9月)  〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町字石川424 

 入場料:大人1880円 / 中人1250円 / 小・中学性 620円

長浜ビーチから車で約15分です。広い駐車場に広い園内。須磨水族園しか知らない私にはスケールが大きすぎました。

ジンベイザメが泳いでいるイメージしかなかったので海遊館みたいな雰囲気を想像していましたがとても広いです。

海遊館の前に無料で行けるコーナーがあったのでのぞいて見るとそこは”マナティ館”でした。ジュゴンみたいなマナティ。人魚伝説のモデルだそうです。とっても可愛かったのですが、狭いところにいる彼らを見て少し切ない気持ちになったのですぐに退出しました。

ひがし食堂

ひがし食堂

ついに!もうお腹ペコペコです。
駐車場は3台分あり、ちょうど1台の車が出ようとしていたのでスムーズに停めることができました。

メニューはぜんざいの他にも、そば・ちゃんぽん(沖縄風)・トーフチャンプルーなど色々あったのですが、沖縄に着いて以来まだ沖縄そばを食べていないのでどうしても食べたくなり、三枚肉そば650円(左)沖縄そば650円(右)を頂くことにしました。地元の方は定食を注文されてる方が多い印象でした。

修学旅行で来た時に食べた記憶はあるのですが、正直そんなに美味しいイメージはなく、、、でもやっぱり食べたくて、、、いただきます。

おいしい。そば結構太いんですね。あれ、おいしい。こんなに美味しかったっけ?麺はもちもちで、お出汁は鰹ベースであっさり。他で食べていないので比べられませんが、色々なお店で食べ比べしたくなりました。
名古屋で食べた、スガキヤラーメンが好きな方はきっと好きなお味だと思います。

ぜんざい

待ちに待ったぜんざい 380円が私たちのテーブルに運ばれてきました!ミルクがのっている方が、より美味しそうだったのでこちらを選択。かき氷みたいですよね。氷の下にはたっぷりの自家製金時豆と白玉が入っていて間違いない美味しさです。そばを食べてお腹いっぱいでしたが、一人一つ頼めばよかった!余裕で食べられた!とすぐに後悔しました。甘党な方はぜひ一人一つ頼んでくださいね 🙂

素敵な情報を下さった市役所のお姉さんに感謝いたします。:)
ありがとうございました。そしてごちそうさまでした。

そういえば、佐々木希さんがプライベートで訪れた!と写真が飾られていて相変わらず可愛かったです。

夕日

本日の最後は夕日撮影をリベンジすることにしたのですが、日没の時間を調べて戻るはずがマイペースな2人。間に合わない+天気があまりよくなく思い描いていた画は撮ることができませんでした。残念でしたが、いい天気に恵まれ沖縄そばとぜんざいで心もお腹も満たされて幸せな1日でした。