ベイシャトル

神戸は意外に色々とアクセスがしやすい街!もっと観光客の方には神戸に泊まってほしいと思い神戸市内から関西国際空港へ行く3つの方法をご紹介します。

  1. バス
  2. 乗り合いタクシー

1. 船:ベイシャトル (株式会社OMこうべ)

運賃:往復割引 大人:¥3,060 小人:¥1530 (2020/2月時点)

メリット

・早い(30分)
・渋滞がない
・天候不良で欠航の場合はバス代行運転あり(ただし、予約者のみ)
・旅行期間中は駐車場が無料(船の中で手続きが必要)
・ウエストメンバーズカードがあれば更に割引がきく

デメリット

・船酔いする可能性がある
・天候不良で欠航になる場合があるが当日しかわからない
(ただし予約者は代行バスあり)
・船を降りた後バスに乗り換えが必要
・三宮からポートライナーで神戸空港まで行く必要がある
・往復券は発行日より30日以内

私は何度も利用していますが、いつも時間通りの出発と到着で安心して利用しています。
ただ、最後に利用した時は(2020/1月)いつもより、かなり揺れたので乗り物酔いをしやすい方には厳しいかと思いました。
その日の日の出時間は 7時6分
7時15分発の船に乗ったのですが、乗って左側のシートに座れば綺麗な朝日をみることができていたので自分の席のチョイスにがっかり。

2: バス:リムジンバス

運賃:往復割引 大人:¥3,140 小人:適用無し (2020/2月時点)

メリット

・運行休止になることが滅多にない
・一本で直接行くことができる

デメリット

・渋滞に巻き込まれる可能性がある
・時間がかかる(65分)

ベイシャトルと同じくらいの頻度で利用していますがほぼ時間通りの到着です。
事故渋滞に巻き込まれ飛行機に乗り遅れたことがありますが一度だけです。(ギリギリに行った自分も悪い)
バスに乗ってしまえばあとは寝るだけなので楽チン。
時間がかかると言いましたが、ポートライナーに乗ってベイシャトル乗り場まで行くことを考えたら同じくらいかそれ以内かもしれません。

3:タクシー:スカイゲイトシャトル(MKタクシー)

運賃:¥2,500〜¥4,000 (神戸市東灘区〜西区 地域によって異なる)

メリット 

・家の前まで送迎あり
・予約が簡単(電話・インターネット)
・運転手の対応がいい

デメリット

・割高
・座席が少し狭い

Eddieは関西国際空港を利用する際は毎度利用していますが、いつも快適です。